仙台の牛たんと利久のこだわり

杜の都-仙台-で生まれた名物『牛たん』

戦後の仙台で生まれた牛たん定食。
牛たんの厚み・塩加減・熟成度など、数々の試行錯誤を繰り返し、
生まれた牛たん焼は、地元仙台に強く根付き、
そして今や宮城・仙台の名物の一つとして、全国に知れ渡り、
多くのお客様にご愛顧いただいております。

仙台へ足を踏み入れると、立ち並ぶ数々の牛たん屋。
牛たんの厚み・塩加減・熟成度は、それぞれのお店の『こだわり』でもあります。
焼き加減ひとつで牛たんの旨味が変わる『職人の技』。
数々の牛たん屋が、その『こだわり』と『職人の技』を生かし、
炭火で芳ばしく焼きあげ、食欲をそそられる牛たんの香りを漂わせることにより、
それぞれ自慢の牛たん焼をご提供しております。

その自慢の牛たん焼を楽しむのにお勧めなのが、定番の牛たん定食。
牛テールをじっくり煮込んだ、さっぱりとした口当たりのテールスープと、
食物繊維豊富な麦めし。
青唐辛子を丁寧に漬け込んで作り上げるピリリッ!と辛い南蛮味噌と、
季節の野菜を漬け、たっぷりと盛り付けたお新香。
そして、主役である、サクッ!とした歯ごたえのジューシーな牛たん焼。

抜群の組み合わせで、牛たん屋の『こだわり』を存分に楽しめる牛たん定食。
仙台名物牛たんを、ぜひご堪能下さい。

『牛たん炭焼利久』と利久こだわりの『牛たん』

昭和62年。仙台市泉区に『たんや利久』が産声をあげました。
記念すべき1号店は『泉本店』。
店内で牛たんを仕込み、包丁1本で牛たんの皮をむき、
スライス、切れ目を入れて熟成。
目の前で牛たんを食すお客様の笑顔を思い浮かべながら仕込む牛たんは、
どんどん厚みを増していきました。

そんな中、お客様の一言が今の利久を作り上げていきます。
いつも一人で来店される常連のお客様。
「家族で来たいけれど、家内は牛たんが苦手でね」
その一言から、牛たんのみならず、宮城の海産物や色彩鮮やかな旬の野菜を使った
一品料理・創作料理が生まれました。
創業から二十余年。
店舗数は、全国50店舗を超える程となりましたが、今も利久のスタイルは変わりません。
ランチタイムは牛たん定食をメインに。
夜は宮城の地酒を楽しみつつも、牛たんと旬のお料理が楽しめる居酒屋風に。
昼と夜。それぞれ違った雰囲気をお楽しみいただけます。

その利久のこだわりが詰まった『牛たん』には、
創業当時から決して変わらないものがあります。
それは、包丁1つで牛たんを仕込む技と手振り塩での味付け・熟成です。

毎日丁寧に手入れをした包丁で、牛たん焼に適さない部位を切り落とし、
柔らかい部分のみを切り分ける。
1枚1枚スライスするときも、全て人の手。
牛たんの大きさを見ながら、最適な厚さになるよう
包丁で丁寧にスライスします。
さらに、スライスした牛たんの両面に切れ目を入れ、
厚みがあっても柔らかく噛み切りやすい工夫をします。

そして、手振りで塩を振り、牛たん1枚1枚の大きさ・厚みを見ながら、
塩加減を調節する熟練の職人による味付けで仕上げます。
最後に、丁寧に並べた牛たんを冷蔵室で熟成させ、
より柔らかく、牛たんの旨みをさらに引き出すことにより、
利久こだわりの牛たんが誕生します。

屋号は『たんや利久』から『牛たん炭焼利久』と変わりましたが、
今も創業当時と変わらず、お客様のお喜びの声や貴重なご意見から、
利久は成り立っております。
まだまだ至らぬところもございますが、日々精進を重ね、
美味しい牛たんのご提供と、より良いサービスのご案内を、
これからも努めてまいります。